血液の元になるヘモグロビンを知る|サラサラ血液で健康生活

酸素を運ぶ役割

野菜とスムージー

血液の赤い色の元になっていて体中の細胞に酸素を運ぶヘモグロビンは胎児と成人では成分や性質が異なり、大部分をしめるヘモグロビンはそれぞれ英語の胎児fetusと成人adultの頭文字を取ってヘモグロビンfとヘモグロビンaと呼ばれます。さらにヘモグロビンaは化学的な組成が異なる数種類の成分に分けられ、この中の一つがヘモグロビンa1cです。 ヘモグロビンa1cにはブドウ糖と結合するという性質があり、結合物をグリコヘモグロビンと呼びます。ヘモグロビンa1cの値が血液の中に含まれるブドウ糖の濃度によって変わるため、空腹時血糖に加えて糖尿病や予備軍の診断に用いられます。赤血球の寿命は数ヶ月なので、ヘモグロビンa1cの値は過去数ヶ月の血液中のブドウ糖の値を反映していることになります。

検査法法には腕の静脈から採血する方法と指先を穿刺して血液を採る方法が用いられています。ヘモグロビンa1cの値は短期間の血中のブドウ糖の濃度に影響されないので、検査当日の絶食は不要です。またヘモグロビンa1cの検査結果は最近の運動や薬の服用などによっても変化しないため、患者さんが心臓病・腎臓病・脳卒中・視覚障害や神経障害などの合併症をおこすのを予防するなど糖尿病を長期的に管理するために役立ちます。 なおヘモグロビンa1cの値は、重い腎臓病・慢性アルコール中毒・高脂血症やコルチコステロイドの治療を受けている人では本来の値より高くなり赤血球が体から失われる出血や溶血性貧血があると本来の値より低くなるため補正が必要です。

ヘモグロビンの量

たくさんの野菜

ヘモグロビンa1cは、体の通信簿ですので、検査を行いまして、数値を把握しまして生活改善等の参考になればいいのではないかと考えております。必要に応じて、サプリメントなどで補う方法もありますので、様々な角度からアプローチする事が必要です。

Read more »

糖尿病の判断を行なう

女性と野菜

ヘモグロビンは血液の血小板の中のタンパク質で、ヘモグロビンとブドウ糖の結合したものをヘモグロビンa1cと言い、その結合により高血糖になり、糖尿病の進行具合を判断、糖尿病の症状の状態を把握するために最も重要な指標。

Read more »

糖尿に効果的

窓辺の女性

糖尿病の診断をする時には、ヘモグロビンa1cの数値と血糖値を参考にして、判断しています。ヘモグロビンa1cが増えることで糖尿病になっていることが判断することができます。

Read more »